So-net無料ブログ作成
検索選択

奥多摩 鷹の巣山

富士登山に向けた山行訓練その2。
奥多摩 鷹の巣山に行ってきました。

朝4時に起き、6時に立川でIちゃんと待ち合わせ。奥多摩駅7時25分頃発のバスで「東日原」へ。
バス停前の道路をしばらく歩いた後、レトロ住宅のそばの、民家の抜け道みたいなところに「稲村岩・鷹ノ巣山登山口」という看板が。あやうく見落としそうになりました。

IMG_1004.JPG
正面に見えるのが稲村岩。
正面にあるのかと思ったら、向かって左側にある民家と民家の隙間が登山口。

IMG_1005.JPG

8時15分から本格的に登山開始。

IMG_1006.JPG

最初は沢沿いで「涼しいね~」とかわりと楽しく登っていたけど、途中から急登に次ぐ急登。
すでにヒイヒイ言い始めますが、これはほんの序の口でした。

IMG_1014.JPG
稲村岩と鷹の巣の分岐点。
稲村岩って、ロッククライミングとかボルタリングっぽい感じの趣味の方が登るところなのでしょうか…。
私たちはクリームパンを食べて小休止の後、鷹の巣山方面へ。

さらに続く急登、急登で精根尽き果てたころに、木の根っこを手がかり足がかりに60センチ位の崖を這い上がるような場所に着。全然道にみえない。
「道…間違えたのかな?」「でもここしかないよね」
としばらく二人で話していましたが、どうも人が登ったような足跡があったので、登ることに。
へにゃへにゃの根っことかもありとても怖かった…。
これがもし山スカート姿の山ガールとかだったら、かなりやばい体勢を取らざるをえない感じです。

そこからもまたひたすら急登を登り続け、『ヒルメシクイノタワ』に到着。
少しは広場っぽくなっているのかな?と思ったけれど、そうでもなかった。
5分くらい休んでまた歩き始めました。

8時15分にスタートし、12時頃やっと頂上に到着。
頂上はトイレもなく、寒く、ごはんを食べて15分くらいで早々に退却。
IMG_1023.JPG

IMG_1022.JPG
霧で眺望なし…。

IMG_1024.JPG
頂上の標識のところに描いてあったにゃんこの絵。

1700メートルくらいの山でも、やはり頂上は地上とは気温が違います。
ウィンドブレーカーを着て、それでも寒かったのでレインウェアを購入後初めて使用してみた。

下山は、倉戸山方面~林道を経て奥多摩駅へ。
IMG_1027.JPG
さらに霧が濃くなりました。

IMG_1028.JPG
途中までは変な草が生えているし、緩やかな道でなかなか楽しかったのだけれど、その先の分岐で、見た目少し道が緩やかそうだと思って林道を選んだのが大失敗。
行けども行けども林道終わらず、山頂からもよおしたトイレ行きたさが募るばかり。

やっと林道を終えて、舗装路に出た!という喜びもつかの間、「奥多摩駅」という標識に沿って舗装路わきの階段を降りたらまた林道に戻され、「また林道!」と精神的な打撃を受ける。

私とIちゃんは、途中から「林道やだ」「トイレ」「早く駅に着きたい」の3つしか思考できなくなり、気を紛らわすために80年代アニメの歌をかなり大きい声で歌ったり、CMソングを歌ったりしていましたが、しばらくしてそれすらもできないくらい心がトイレでいっぱいに。

本当に林道が終わって、舗装路になってからも駅まではまた長かった。
途中の道路わきにトイレがあることを期待するも、公衆トイレもコンビニもなし。

駅まで30分と書いてあるけど牛歩的なのろさ(極度のトイレがまんと疲労により)の二人は、結局駅まで1時間近くかかった気がします。
本当につらかった…。(トイレをがまんするのが)

なんかもう、この山を登り切った事で初の富士登山への体力的な不安は一切なくなりました。
富士山には山小屋があるから、お金さえ払えばトイレ行き放題だもんね…。水も買えるし。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。