So-net無料ブログ作成
検索選択

丹沢・塔ノ岳

富士登山訓練の一環として、丹沢山塊の一つ、塔ノ岳に行ってきました。
混んでいるかなと思ったら意外と空いている。
三連休の最終日なので、みんな土日に登り火曜日の出社までに筋肉痛をいやす作戦なのでしょう。

私は丹沢のヒル情報をネットで見まくり、心からヒルを恐れていたので、長そでのランニングTシャツの上にパーカー、足にはスポーツ用スパッツの上に長ズボン、さらにヒルが入り込まないようにズボンのすそを靴下の中に入れ、泥除けのショートスパッツで覆うという完全体。
なのに、同行者は意外に腕まるだしだったり、ジーンズだったりと気軽。
そしてバスの中の他の乗客もみんなかなりの軽装。半袖5割。

9時ころに登山口入口着。ヒル用の塩をちょっともらってから早速登りはじめる。

今回の登山のテーマは、振り返ると「地獄階段」または「階段地獄」。
ヒルの事は入念に調べたけど、こんなに階段が多いとは知らなかった…。
階段に続く階段。

IMG_0958.JPG
写真は地獄階段の一つ。これの連続です。

途中から階段を「地獄階段」、たまにある平地を「ボーナスステージ」と呼びながら登山。
ほぼ一本道のコースなので迷うこともなく、ただただ上を目指し続ける。

IMGP4364.JPG
途中の地獄階段からの眺望。
まあなんて素晴らしい!とうれしかったけど、山頂で堪能するぜと思いちょっとしか見ないことにした。

IMG_0963.JPG
岩場もあるぜよ。

IMG_0964.JPG
崖。

IMGP4367.JPG
山頂間近の森の中にいた鹿の親子。
バンビはやっぱりかわいい。

数々の地獄階段を乗り越え、山頂に着いた!

IMGP4377.JPG
曇りじゃんよー!!
霧というか、雲というかによって、一切下界の景色が見えません。
さっき、もっとよく見とけばよかった。なにも見えないし、寒いので20分くらいで退却。

IMGP4375.JPG
鹿です。(オス)

IMG_0985.JPG
顔が渋い!!高倉健とか、石原裕次郎とか、演歌歌手みたいな重厚さ。

3時間位かけてゆっくり下山。
やっぱり下りは膝にきます。最後は足が上がらくなり、変なとことで転びかけたり。
結局、ヒルの事は2回くらいみかけましたが、恐れていたようなことは一切なし。
先日さかいやで購入したストックに2回くらい転倒の危機を救われました。


東海大学前で途中下車し温泉へ。
登山靴や汗でじっとりのランニングウェアとスパッツを脱ぎ解放感に浸った後、やっぱり最後はお酒。
IMG_0982.JPG
ガリガリ君サワー!
しかも、サッカー優勝のおかげで100円!
風呂上がりのさっぱりした体で冷たいサワーを飲み始めると、あんなにつらかった地獄階段も悠久の昔の出来事のように感じます。

初心者で高尾山レベルのわれわれには、富士山へ向けてのよい予行演習になりました。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。